不安を解消するツボ

「不安」は誰もが持つものです。特別な理由がないのに、不安でたまらない時は、心がストレスに負けそうになっているサイン。ツボ押しで精神を安定させましょう。

「膻中(だんちゅう)」は、心とつながりのあるツボ。「膻中」は、邪気をさえぎり、胸の中(心や心臓)を守ること。ストレスをやわらげ、不安を取り除きます。ストレスがたまると、胸に圧迫感を円見えることがありますが、このツボを刺激すると心のこわばりがとれてすっきりします。また、「天容(てんよう)」は、自律神経のバランスをとり、心をリラックスさせます。不安を感じる時には、リラックスするのがいちばん。首から肩、鎖骨のリンパをマッサージすると、体のこわばりがとれ、気持ちも落ち着いてきます。

不安な気持ちに駆られるのは嫌かもしれません。しかし、不安になるのは、心が健康な証とも言えます。不安物質「ノルアドレナリン」が出なくなると、何も感じなくなり、死ぬことも怖くなくなります。「うつ」も、このノルアドレナリンの低下が原因のひとつなのです。不安とうまくつき合って、心のバランスをとるようにしましょう。