歯の痛みに効くツボ

ズキズキしたり、冷たい飲み物がしみたりする歯の痛み。その多くは、虫歯菌が原因です。ツポで痛みを抑えることはできます合谷(ごうこく)と温溜(おんる)は、鎮痛効果の高いツポで、歯痛によく効きます。とくに合谷は痛みの万能ツボ。谷のようなくぼみであることからつけられた名前で、鎮痛効果が高いツボで、首から上の痛みにはよく効きます。自律神経系の乱れを調整して落ち着かせる効果もあります。手の甲側の一刺し部位の骨のキワにあり、手の甲を上にして指を広げ、親指と人差し指の骨が接する部分にあります。手軽に押せて、かつ即効性があるので、歯の痛みだけでなく、頭痛や胃痛、のどの痛みなど、急な痛みの応急処置に使えます。

温溜は鎮静効果が高いツボで、応急処置用として即効性も高いです。「温」はあたたかさ、「溜」はエネルギーを流すことを指す。歯痛のほか、腕から肩にかけてのトラブルにも効きます。温溜は手首を曲げた時にできる手首の横ジワとひじの横ジワの真ん中。手前側の骨のキワにあります。激しい痛みがある時は、ツボを少し痛いくらいに強く5秒間押します。それを3セット繰り返してください。どちらのツボも右の歯が痛ければ右、左の歯が痛むのなら左のツボを押すとよいでしょう。