気になるニキビ

近年、大人の方でも、ニキビで悩んでいる方が増えています。
この大人ニキビ(ここではこう呼びます)は、10代のころの思春期ニキビとは、できる箇所が違っていますし、原因や治療方法も違っています。
思春期ニキビは、おでこ付近が多く、顔全体に散らばってできることもあります。
大人ニキビは口元やあご、ほおなどに集中してできます。
そして、大人ニキビは、治りにくく、跡が残りやすいという特徴があります。

原因としては、思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因で、毛穴が汚れたり、詰まったりすることにより、アクネ菌が繁殖し、ニキビとなります。
そのため、こまめな洗顔などで、お肌を清潔にすれば、ある程度の予防はできます。
大人ニキビの原因はいくつかありますが、ストレスや疲れ、不規則な生活などにより、ホルモンバランスが崩れることによりできます。
睡眠不足も大敵で、お肌のターンオーバーがうまくできないときも、大人ニキビができます。
また、お肌が乾燥すると、お肌の角質が硬くなり、角栓ができやすくなり、ニキビができやすくなります。
他にも、ファーストフードやインスタント食品を頻繁に食べる方は、酸化した脂分や添加物によりできやすくなります。

大人ニキビの治療には、次のようなものがあります。
・お肌の潤いを保つ
洗顔後は、お肌の保湿を考え、保湿効果の高い美容液を塗っておきましょう。
また、皮脂を抑えるビタミンC誘導体を含んだ化粧水も効果的です。

・不規則な食生活を改善
なるべく、同じ時間に食事を摂るようにしましょう。食生活のリズムを守ることで、ホルモンバランスの乱れを防ぐことができます。
そして、食べ過ぎやお酒の飲み過ぎも要注意です。
また、ファーストフードやインスタント食品はできるだけ避け、和食のような動物性脂肪の少ない、バランスの良い食事を心がけましょう。
お肉もいいですが、野菜も食べましょう。特に、緑黄色野菜が良いです。

・睡眠はしっかりと
寝不足はホルモンバランスを崩すとともに、お肌の新陳代謝の妨げとなります。
ぐっすりと眠ること。
そして、できれば、少なくとも6時間は寝ましょう。

・便秘は大敵
便秘により、腸内に不要な排泄物が溜まると、有害な物質やガスが発生します。
そして、その溜まったものが体内に吸収され、皮膚(毛穴)から出ます。
そのときに、出たものが毛穴に詰まったり、肌荒れを起こしたります。
また、腸内に悪玉菌が繁殖して、腸内環境が悪化します。
食物繊維を豊富に含む食事をし、腸内環境を良くしましょう。

・無理なダイエット
食事制限のダイエット。しかも無謀な食事制限は栄養不足となり、お肌への栄養が行き届かなくなります。
また、ダイエットによるストレスなどで、ホルモンバランスが崩れます。

・あわない市販薬の使用
大人ニキビの治療は青春ニキビとは異なります。
青春ニキビの治療薬は、皮脂を抑えるために皮膚が乾燥します。
大人ニキビに大切なのは保湿です。
そのため、青春ニキビの治療薬を使用すると、逆に悪化させたりします。
大人ニキビには、ビタミンC誘導体を含む化粧水を使いましょう。

・漢方薬や内服薬も
ニキビを根本的に治療する漢方薬もあります。
また、殺菌作用と抗炎症作用を持つ内服薬が効果あります。
皮膚科や薬局で、ニキビにあうお薬を処方してもらいましょう。

そして、ニキビが治った後のお肌のケアも大事です。
ニキビの跡が赤くなっている方は、ビタミンC誘導体を含んだ化粧品を使いましょう。
跡が茶色くなっている方は、美白化粧品を使いましょう。
跡がクレーターのようになっている方は、ご自宅でのケアは難しいので、皮膚科でピーリングをお願いしましょう。

大人ニキビができると言うことは、身体の内部で何かがおきているかもしれません。
身体内部の不調は、表にサインを出そうとします。
大人ニキビができたときは「たいしたことはない」と軽く流さないで、原因を探してください。
そして、原因から治すように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です