手のかゆみ(手湿疹)

最近、耳にしますが、水仕事をしていると「手がかゆい」、「赤みが有り、皮むけしたりする」。
もし、このような症状がありましたら、ひび・あかぎれの他に手湿疹かもしれません。
ひび・あかぎれとの違いは、ひび・あかぎれは指などの部分的な箇所の皮膚に亀裂が入り、パクッと割れたりします。
手湿疹は手全体にかぶれや赤みが生じ、かゆみや皮むけがおきます。

発症としては、主に指先から水疱状のものができたり、赤みがあるびらんができたり、皮膚がカサカサになったりします。
そして、放っておくと手全体に広がってきます。
さらに、悪化してくると皮膚が膿むようになったりします。

手湿疹の原因は、手の皮膚が受ける刺激です。
洗剤やシャンプーなどからくる刺激、家事などのときにこすれる刺激など、手の皮膚が受けるいろいろな刺激により皮膚の油分や水分が失われ、皮膚が乾燥しやすくなります。
その結果、炎症や湿疹がおきます。

手というものは、汗はかきますが皮脂の分泌は少ないものです。
そのため、乾燥してしまうと、なかなか潤いが元に戻らない性質があり、その状態で刺激を受けると、かぶれや炎症が起きやすくなります。

手湿疹を防ぐには、水仕事のときにはなるべく手袋をするとか、手が濡れたときは、なるべく早く拭き取ることが重要です。
そして、水仕事の後には、保湿効果の高いハンドクリームやワセリンなどを塗りましょう。
ひどい湿疹の場合は、抗炎症効果の高いお薬を一日に数回塗ることです。
また、ハンドクリームやお薬を塗った後は、保湿性があり、通気性の良い手袋をするのも一つの対策ですが、手袋をしたときに暑く感じたり、蒸れるようでしたらやめましょう。
とにかく、保湿ケアを心がけることと、なるべく早く皮膚科で診断を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です